calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


gooリサーチモニターに登録!

categories



archives

鬼の洗剤 実験結果


とらじは人気ブログランキングで何番目?

↑↑応援してもらえたら、嬉しいです。↑↑

こんばんは、昨日は来客があり実験は延期でした。
先ほど実験してみたので、結果報告です。

ということで、鬼の洗剤の試供品であることの証明です。
中に手紙が入っていました。

袋に入った顆粒が『鬼の洗剤』です。
サンプルとはいえ25グラムは安くない、この心意気は好きです。

今回の実験会場は事務所のテーブルです。
ここに娘に落書きしてもらいました。

使用アイテムは無印良品の油性マーカー105円!!

落書きといったら絵を描いています。
何ができるのでしょう??

牛・・・これ消すのって罪悪感があるのですが・・・
なんだかね、黒く塗りつぶしの部分が多くて実験にはうってつけ??

計量スプーンにてきっちり計って作ってみました。
水(ぬるま湯)500ccに対して約2,5gの鬼の洗剤で実験

ちょっと水が少なかったのですが、洗剤も少ないのでこんなもんでしょう。
一応、説明書の用途での家の周りと同じ分量で作ってみました。

さて!実験開始です。
牛の絵にスプレーして、しばらく放置。
そしてふき取ってみたものの、落ちない(汗)

母曰く、『テレビなんかの場合は濃く作ってるのは当たり前のことでしょ・・』
さらに、『油性マジックは通常の洗剤液の濃度では落ちるわけないでしょ・・』

たしかに、便利屋で使っている業務用の洗剤でも、濃くしてますからねぇ(汗)
頑固な汚れの場合は、もの凄く強くしているのはお約束です。
(普通に作って落ちるなら、便利屋さん商売になりません)

それじゃあ!!原液(粉)ならどうよ?
ということになりました。

粉を2gほど直接降りかけてみました。

そして指でこすると・・・すげー落ちるじゃないのコレ・・
業務用に匹敵するレベルです。

前回の動画で落ちているときに削げ落ちる感じかな?と、見ていましたが、
本当にそんな感じです。
普通の洗剤だと溶解に近い感じなので、同じ落ちるでも雰囲気は違います。

ちょっと顔が残ってしまいました。なんか気分は最悪なんですよ。
娘『生き物描いて失敗だったね』・・『最初から描くな!悲しくなる』

残ったので、試しに家にあった古い家庭用の洗剤で同じようにやってみた・・ら

落ちね〜・・全然消えませんでした。
なので再度、鬼の洗剤でふきふき。

元通りに綺麗になりました。

今日の実験の感想ですが・・通常の濃さでは、通常の汚れまでが限界です。
が!洗剤液を強くすれば、しっかり落ちます!!

それと、通常の液(実験用に作ったもの)であちこち拭いてみたら、
ヤニ汚れは綺麗に落ちました!
基本ベタベタしないので、何度も仕上げ拭きがいらないのは重宝です。

今回の感想は、80点といったところです。(かなり良いです)
匂いはないし、ベタベタしないし、伸びながら消えるわけでもないので
この部分は+評価です。
それと濃くしないと落ちないのは、どこの洗剤でも同じです。
結論とすれば広告に偽りは無い!!と、私は判断します。

一日限定100個の試供品あり

この洗剤、数量限定ですが、試供品を出しています。
興味が出た方は試してみてはいかがでしょう?
     



鬼の洗剤のサンプルを取ってみた。


とらじは人気ブログランキングで何番目?

↑↑応援してもらえたら、嬉しいです。↑↑

今日も雨・・・なんだか夏がなつかしい?
あちこち動き回っていたら夕方になってました。

さて、先ほど戻ってみると、サンプルが届いてました。
ちょっと気になるこのアイテム・・無料サンプルを頼んでいました。

関西方面ではすでに知名度があるようですね?
TVなどでも放映されているみたいです。

この番組の中で、時計を洗ったり、マジックを落としたりしています。
なので!!私も同じことを実験してみようと思います。
本当に落ちるのか、それとも偽りありなのか、確かめてみます!!

これで落ちるようなら、便利屋の清掃作業にも使えそうです。
実際、換気扇やパネル周辺は汚れが凄い!!
綺麗に見えて落ちていないのです。

今夜、実験をしてスグにUPしてみようと思います。
乞うご期待!!
     



| 1/1PAGES |